「ヨーロッパ移住」の情報 ポルトガル移住の情報 ヨーロッパ移住の情報

ポルトガル移住 ビザの種類と取得条件、ビザの更新の時期と、5年後の永住権の申請について。

更新日:

ポルトガル移住のビザの種類と条件、申請場所、ビザの更新などについてまとめたいと思います。「日本だけで申請ができるパターン」と、「ポルトガルに来てしまって、そのまま住めるパターンのビザの取り方」についても紹介しています。

 

ゆいです。

2018年からポルトガルに移住してポルトガル移住の魅力やヨーロッパの移住情報などをツイッターで発信しています。


ポルトガル移住には、

1、年金ビザ(D7ビザ)

2、フリーランスビザ(個人事業主ビザ)

※フリーランスビザでも、申請をすればポルトガル国内の会社やお店に働きに行く事も出来ます。(2019年5月現在)

3、自営業ビザ

4、アーティストビザ(※基本はフリーランスビザと同じ。弁護士さんの費用が安い事もある。)

5、富裕層向けのゴールデンビザ  

などがあります。



<ビザの取りやすさも魅力です。>

これらのビザのうちで「年金を受給していない若者でも誰でも取れるもの」は、フリーランスビザ、自営業ビザ、(アーティストビザ)などですが、どれもヨーロッパの中で比較すると、かなり簡単に取れるビザの部類に入ると言われているそうです。詳しくは下記の「ビザを申請出来る条件」を見てくださいね。


<ビザの取り方>

ポルトガルの移住のためのビザは、観光目的での3ヶ月の滞在の延長からで取る事が可能です。

フリーランスビザについても、ポルトガルに来てしまってから申請に入る事が可能です。(2019年5月現在。実際に実行するときには再確認してくださいね。)



また、東京の大使館に申請して日本で取得できるビザもあります。




ポルトガルの移住ビザで東京の大使館でビザの発給を待てるパターン

本日2019年5月28日にポルトガルの移民弁護士さんに日本の大使館に申請する事で、日本でビザの発給を待てるパターンのビザの取り方について聞きました。

原則として、東京で取得できるのは「D7ビザだけ」だそうです。

D7ビザとは、年金ビザ(安定収入によるビザ)=(ポルトガルの最低収入の14ヶ月分の安定収入を示す事で取れるビザ)です。恒久的、安定的な収入を示す事で取る事が可能です。

1人目は 7200ユーロ 約90万円

2人目は 3600ユーロ 約45万円

また18歳以下の子供が同行する場合には、 2160ユーロ 約27万円

の恒久的で安定的な収入(年金など)を示す事で取れるビザです。(2019年5月現在)


「ポルトガルのフリーランスビザ(勤めも可。)が東京の大使館に申請して取れるかどうか」についてですが、「不可能ではないが、あまりにも手間と時間が明るので現実的ではない」「ポルトガルに来てしまって取った方が良い。」との事でした。


ほとんどの方は、ポルトガルに来てしまってから、滞在許可の延長でビザの申請に入られる様です。

年金ビザについての詳細は以下をご参照ください。






<ポルトガルの永住権について>

ポルトガルで永住権が取れるようになるのは、5年後です。(永住権の申請のためには5年間、毎年、年間6ヶ月以上の滞在が必要です。**ゴールデンビザの場合には特例あり。)

5年後の永住権の申請時には簡単なポルトガル語の基礎のテストはあるそうですが、このテストは普通に生活していて覚えられるくらいの簡単なものだと聞きました。


他の国の永住権申請時の「厳しいと言われている言語テスト」に比べれば、かなり簡単な様子です。

<ビザの更新の時期>

弁護士さんに聞きましたところ、すべての居住許可は、

初めは1年目に更新を行い、そのあとは2年後、そのあとも2年後に更新を受けるそうです。

ですから、まず1年後、その2年後、そのまた2年後で、合計5年が経ち、そしてもし希望がすれば永住権を申請することが出来る様になるそうです。



<ビザ申請中のお子様の小学校、中学校の通学について>

「公立の学校での修学はすべての子供に共通の権利である」という事です。

つまりビザの申請中の期間もお子様は学校に通えるそうです。

(2019年5月に弁護士さんに質問して聞きました。)




<ビザを申請できる条件>

ポルトガル移住では、ハードル的な物は、

1、日本の無犯罪証明書が取れる事。

2、「ビザが取れるまでの約9ヶ月間は、ポルトガルから出られない事が一番のハードル

以上の様に私がお世話になっている移民弁護士さんが言っていました。


それともし加えるならば、移民弁護士さんに頼まなくてはいけない事が小さなハードルです。




<移民弁護士さんの見つけ方>

結構、なかなか気づかない裏技なのですが、

移民弁護士さんを見つけるには、

Googleのイギリス版(Google UK)で英語でイギリス人向けに書かれたポルトガル移住のサイトを検索すると英語対応の弁護士さんを見つける事が出来ます。

検索ワードは、英語で「ポルトガル 移住 移民弁護士 英語が話せる」 です。

移民弁護士の費用などについては以下のページにあります。



また、私も以下のページで移民弁護士とのコミュニケーションのサポートを行なっています。



「良い移民弁護士を見つける事」がポルトガル移住の唯一とも言えるバードルですが、その部分の時間とお金を大きく倹約できると思います。





<ポルガル移住は、ビザの取得が簡単な方だと言われています。>

ポルトガル移住には、

1、無犯罪証明書が取れる事

2、9ヶ月間は原則としてポルトガルに居ること

が条件と言えます。

ですから移民弁護士さんに頼む事だけで取れるとも言えるので、私は他の国に比べてかなり気楽に感じました。






<働ける許可も取れます。>

ポルトガル移住では、(フリーランスビザでも自営業ビザでも、)

申請をすれば、3ヶ月か4ヶ月後に国内で働いても良い許可がもらえます。

**弁護士さんに質問をして確認して教わりました事ですので、確実な情報だと思います。

*オランダでは、もうフリーランスビザで、他の会社やお店などに働きに行くのは無理になったと聞きました。(2017年までにビザを取っている人は労働権が復活する可能性があるそうです。新規の場合は未確定だそうです。)

取りやすいビザなのに働きに行けるというのもポルトガル移住の良い所だと思います。





<補足情報 ゴールデンビザについて>

ゴールデンビザを取得する人には、もっと大きなメリットがあります。

ゴールデンビザを取得する人の場合だけですが、ゴールデンビザでは、年間わずか2週間だけポルトガルに滞在するだけで永住権の申請の権利が得られます。

まだ今は長くは日本を離れられないけど、将来のためにヨーロッパの永住権を取得しておきたいという人には、かなりのメリットがあると思います。



ゴールデンビザの申請条件は、

ポルトガルへの500.000ユーロ以上(約 6千250万円以上)の投資です。

不動産の投資の場合が多く、現在のところ、移住バブルの大変な追い風の中で、不動産投資によりかなりの利益を上げている人も多い様です。(情勢によりますので保証はできません。)


ゴールデンビザについては、また詳しく書きたいと思います。





<不動産の購入にもメリットがあると言われています。>

2019年現在、首都のリスボンや、北部の大都市ポルトでは、フランスからのポルトガル移住ブームで、不動産はかなり値上がりしている地域が多いそうです。(私の最初に住んでいた販売型の公団マンションみたいなところでも、転売転売が盛んで、実際には住まないで転売を繰り返している人が多いという状態でした。)


ゴールデンビザの金額に届かない場合でも、ポルトガルで不動産を買うことにはメリットが大きいと言われる方が大多数です。

世界情勢にもよりますから保証はできませんが、現在は海岸リゾート地域などでは、1年間ほど物件を置いておくだけで、値上がりでの利益を出し生活している人も少なくなくいる様です。




<ポルトガルの街の雰囲気は私のnoteで紹介しています。>

もしポルトガル移住に興味がありましたら、

私のnoteでそれぞれの地域の魅力や詳細を紹介していますので、参照していただけますと幸いです。

住むのにオススメの地域までの記事は、すぐにたっぷり無料で読む事が出来ます。(それぞれの地域の詳細からは有料noteになります。)

https://note.mu/2019pt/n/nbfb3c80f7ebe?creator_urlname=2019pt

 



ポルトガル生活をイメージできるテレビ番組については以下のページにまとめています。








<お問い合わせなど>

お問い合わせは私のツイッターアカウントからDMでお願いします。

メールの場合には、下記にお願いします。







<その他の販売中のnote>

海外移住の生活収入のためにブログを始めてみたいと言う人のために書いたnoteです。(ブログ超初心者専用です。:ブログの始め方と稼ぎ方の基本)



心優しい人にもできる、自分の気持ちに負担がなくて、楽しくできるブログの運営方法について書いています。







※このブログご利用の際の注意事項:

移住条件は、どんどん変わるものです。また、これは私が2019年5月までに経験した事による記述ですので、(変更に気付く度に訂正はしますが)情報が古い時も出てくるかもしれません。

大事な事ですから、行動する前には絶対にご自分で確認を取ってから移住を決めてくださいね。


<ペットと一緒の移住が心配な方は、以下の記事をご覧ください。>







<著作権などについて>

移住情報の記事、画像、漫画など、後に出版する予定がありますので、無断転載等はしないで下さいね。すべての記事は、行政書士さんに日付入りで預かってもらって有りますのでよろしくお願い申し上げます。

©︎Yui Asakura 2019

-「ヨーロッパ移住」の情報, ポルトガル移住の情報, ヨーロッパ移住の情報

Copyright© 南ヨーロッパ移住 ほんわか暮らし , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.