ポルトガル移住の情報

「海外移住の移民弁護士」、「海外移住コンサルタント」などの「より安心で安全な利用方法」について

更新日:

私は、かなり用心深い方です。

私なりの用心の方法を書きたいと思います。

私の場合の「海外移住の移民弁護士」の安全な利用方法



私が「海外移住の移民弁護士」を見つけた時には、毎回、以下の様な方法で確認をしていました。

1、見つけた移民弁護士が「現地の弁護士会のホームページ」に本当に掲載されているか確認する。

2、弁護士さんの個人名で論文などを検索する。

3、弁護士さんのFaceBookで活動や日常を確認する。


さらに、もっとよく確認したい時には、



1、地元のガイドさんや通訳の人を雇い、実際にその弁護士が実在するのか、住所をもとに実際に弁護士事務所を見て来てもらう。

**この場合の方法の一つですが、

現地のガイドさんを比較的安い金額で見つけるのには、トラベロコさんのサービスを利用すると良いです。

海外タウン・コンシェルジュサービス「トラベロコ」

トラベロコさんのサイトに登録すると、「海外に在住の日本人」の方に直接頼みたい事を依頼できるようになります。


例えば、「移住初日の空港からの荷物の運搬などを頼める人」を探すことも出来ます。街のことを教えてくれる人なども探せます。


また、将来自分が海外に住むようになった時には、このトラベロコさんのサイトに登録していると、ガイドや通訳、案内などの色々なサービスでアルバイトが出来ます。(*ガイドをする場合には現地の法律やルールは遵守して下さい。)

(*注意)トラベロコのサイトに登録しているガイドの方は、一般の方も多く登録しているので、専門的な事を頼む場合には「プロフィールや評価」を良く読んで、良い人を見つける事が肝心です。



2、弁護士さんに、スカイプでの電話面談を頼んで話してみる。

やはり、テレビ電話越しでも、実際に顔を見て話してみると人となりがよく分かります。





もちろんここまで用心深くする人は少ないと思います。

私がお手伝いしている人の中でも、そこまでする人は、(現在までの2019年6月まででは)一人もおられませんでした。そこまで調べたのは私だけです。



もちろん、どこまで調べても完璧ということは無いので、これだけ調べても相手がよほどのプロの騙す人の場合には見破れない可能性もありますが、

少なくとも「現地の弁護士会のホームページ」は改ざんされる心配は極めて少ないので、調べ方としては、かなり安全な方なのではと思います。



ネットやYoutubeで活躍されている有名なブロガーやユーチューバーの方からの紹介の弁護士さんの場合は、信用もありますから、かなり安心感も大きかったので私もそこまでは調べませんでした。

ドイツやスペインなどについて調べていた時には、超有名ブロガーの方の紹介でしたので、安心していました。




「海外移住コンサルタント」「移民エージェント」の安心な利用方法などについて



私の場合にも、最初に移住を考えていた頃はエージェントに頼もうと考えていました。(後半は、自分で手配した方が私には速く感じて自分に合うので、自分で弁護士さんを探す様になりました。)

移民エージェントを利用する際に私がしていた用心の方法は以下の様な物でした。

1、「いろいろな支払い方法」(振り込みや海外送金サービス)を提示されても、「絶対にPayPal以外では支払わない」と決めていました。(*しっかりした会社だと明らかに判断出来る場合は除く)

PayPalで支払ってあると、

サービスが気に入らなかったり、実際にサービスが受けられなかった場合には、PayPalがお金を取り返してくれることが多いです。


でも、時には「PayPalはレートがあまり良く無いから、利用したくない。」と言われる業者さんがいて、実際にそう感じられている様子である時もあり、「サービスの提供側である業者さんや、移住の斡旋をしている個人の方」の側からすると、損に感じるらしく受け付けてくれない事もあります。(*実際にはそんなにレートが悪いなどと言うわけではなくて、私の場合は積極的に利用しています。)

PayPalの利用を断る業者さんも少なくはありません。



その場合でも、「海外のことなので、心配なので手数料などで目減りする分は私の方で持ちますから。」と言って、私の場合はいつもPaypal払いにしてもらっていました。





私の場合、実際に経験したのですが、移住エージェントの人に大きなお金をお支払いして頼んだ事があったのですが、

お金を払った途端に、その移住エージェントさんからの連絡が途絶えたことがありました。

「失敗したかな。」「騙されてしまったなぁ。」と思ったのですが、

PayPalの方に申請しましたら1ヶ月以内に全額が返ってきました。





もちろん、「母体が大きな会社」や「信頼のおける移民エージェントさん」など
の場合は、ここまで用心する必要は無いと思います。

もし、そのエージェントさんでPayPalでの支払いが可能な場合には、そうしておいたほうがより安心という感じです。



海外移住のホームページで移住のサポートをしている会社の場合、連絡してみると個人で経営されている方も多く、頼めば気さくにPayPal払いを承諾してくれる人も少なく無いと思います。(もちろん、その方の経営方針にもよりますが。)

ネットで見つけただけのエージェントさんで、信用して良いかどうかわからない場合には、この方法はかなり良いのでは無いかと私は思っています。



2、出来るだけ出発日を人に知らせない。

世の中には怖い人もいる可能性があります。

海外に渡航予定の人を狙う事もあるかもしれません。

「海外移住の際には出来るだけ周りには正確な渡航日を教えないほうが無難なのでは」と私は考えます。

私は「ホームページで見つけただけの移民エージェントさん」で、「まだ信用して良いかどうかわからない人」の場合には、飛行機の便や、ホテルの場所なども必ず違うものを教える様にして用心していました。

私の場合はとても用心深いので、犬の書類を作ってくれた獣医さんにさえも、仮の出発日を教えていました。

荷造りの際には、荷物には全部、剥離紙(剥がすと跡が残るシール)で印を付けながら荷物を管理しました。


そこまで用心深い人は相当稀だとは思います。

今回の記事では、とても用心深い私の場合の「移民弁護士さんの利用」と「移民エージェントさんの利用」の用心の仕方を紹介しました。
これはかなり用心深い人の場合の方法です。実際にここまでする人は少ないかもしれません。


しかし、海外移住という人生の一大事ですから、石橋を叩いて叩いて、(叩き壊さない範囲で)叩きまくってから行動したほうが良いのに越したことはありません。(*もちろん、ここまでしていても、それの上を行く相手の場合もあるかもしれません。この方法への責任は取れません。相当に用心深い方法だとは思いますが、ご自分の判断で参考にされてくださいね。)


本日の記事は以上です。

©️Yui Asakura





ポルトガル移住のビザの条件については、以下のページに詳解しています。











ポルトガル移住のサポートを始めました。



-ポルトガル移住の情報

Copyright© ゆい ポルトガル移住 ほんわか暮らし , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.